霊園にかかる費用はいくら?

寺院墓地や霊園を購入する人が気になるのは費用だと思います。霊園は公営が運営しているものと民間が運営しているものがあります。どのような違いが費用に影響を与えるのでしょうか。公園霊園の場合から見ていきましょう。公営霊園は寺院墓地や民間運営霊園に比べて割安になる場合が多いです。

金額の差

もちろん、公営霊園がある場所にも影響されます。首都圏と地方都市の霊園では、かなりの差が売れることを知っておきましょう。現実的な数字を見ていくと、墓代と土地代で170万円が公営霊園の相場になります。首都圏の公営霊園であっても、これくらいの費用で収まるので寺院墓地や民間運営霊園よりも割安になると考えていいでしょう。

民間運営霊園の場合は、250万円から300万くらいになります。これは基本的に寺院墓地と費用の面では同じです。管理する団体が違いくらいにイメージしてもいいのかもしれません。しかし、民間運営霊園は企業が運営している霊園です。

zwyiutrs

いい意味でも悪い意味でも競争が付きまといます。永久供養料を無料にしたり、墓石の割引をしてほかの民間霊園と差別化を図るところもあります。これは公営霊園や寺院墓地にはない特徴です。費用面だけみると、以外と安く抑えられる可能性も民間運営霊園には隠されているのです。

ただし、民間運営の霊園は経営している企業が倒産すると閉鎖される可能性もあります。そうならないためにも費用や割引だけでなく、きちんとお骨を預かってもらえることかどうか調べる必要があります。あなたに合った霊園選びをしていきましょう。

これから霊園を利用する人。お墓を購入しようと思っている人。いろいろな人がいると思います。中には霊園とお墓の違いが分からないという人もいるでしょう。今回紹介するのはそんな霊園と寺院墓地の違いです。霊園と寺院墓地の大きな違いは運営団体にあります。

寺院墓地の場合は、宗教団体である寺院が管理しています。寺院がお経をあげて、供養してくれるのがお墓になります。それに対して、霊園は地方公共団体が運営しています。地方公共団体以外の霊園もありますが、これは民間の運営になります。それぞれの利点もありますが、霊園の利点は宗教にあまり拘りがない点です。

寺院墓地は宗教団体である寺院が運営しているので、基本的にその寺院の信者になる必要があります。その信者でなくともかまわない。そんなお墓もありますが、仏教徒限定というお墓が多いのが現状です。それに比べて、霊園は宗教に関する垣根があまりありません。

宗教によって

キリスト教や神教なども大丈夫な霊園が多く自分の家の宗教に合わせることができます。宗教の自由以外にも、費用もリーズナブルなのが特徴です。霊園の特徴はお墓というより静かな公園です。故人とゆっくり時間をかけて、お話したい人にはいいかもしれません。

緑があり、時間がそこだけゆっくりと流れ、故人との思い出を胸に思い起こしていく。そんな人に霊園はいいのかもしれません。

こういった理由で、霊園を選ぶ人が増えています。それぞれのメリットを考えて、自分の入るお墓を考えましょう。事前にお墓の見積もりを出してもらうということには霊園にもお墓にもそれぞれにメリットがあるのです。

小さな葬儀をご希望の方はこちら

家族葬
http://www.hana-sougi.com/newplan/plan_any_small.html

新着情報

◆2016/07/02
霊園にかかる費用はいくら?の情報を更新しました。
◆2016/06/30
霊園とはの情報を更新しました。
◆2016/06/30
霊園と墓石選びの情報を更新しました。
◆2016/06/30
霊園の選び方の情報を更新しました。
◆2016/06/30
霊園は環境が重要の情報を更新しました。